07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:nekko
2015年1月から、生後4ヶ月の息子を連れて夫の駐在先のマンハッタンにやってきました。 いわゆる「駐妻」な日々の生活をゆるゆると綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング

ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたしますm(_ _)m(ランキングサイトに飛びます) NY情報や駐妻さんたちの素敵なブログがたくさんあります! にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

もうすぐ夏も終わり?

2016.08.25 02:50|日々の生活
残暑お見舞い申し上げます。

うだるような暑さが続いたかと思えば、突然秋の風が吹き始めたニューヨーク。
気がつけば、8月もあっという間に過ぎ去りつつあり。

来月にはついに2歳になるむすこ。
最近はベビー用のブランコではなくこっちに乗りたがります。

IMG_4596.jpg

こちらはよく行く公園。

IMG_4571.jpg

水遊び用の噴水の中に、虹が。

残りわずかなニューヨークの夏、楽しまなければ。

…と言いつつ、今週末からカナダのバンフへ少し遅い夏休み旅行に行ってきます!
スポンサーサイト

パークアベニューアーモリーで大はしゃぎ

2016.08.20 10:51|お出かけ・旅行
少し前の週末、アッパーイーストのPark Avenue Armoryというところでやっていた現代アートのインスタレーションを観にいってきました。

アッパーイーストの閑静な町並みに突如として現れる要塞のような建物。

IMG_4478.jpg

かつては軍事施設として利用されていたようなんですが、中はこんなに素敵なお屋敷になっています。アート関連の展覧会をはじめ、ダンスやファッションショーなど、様々なイベントが行われているそう。

IMG_4481.jpg

この日は、Martin Creed氏のThe Back Doorの会期の最終日に滑り込み。
お目当は、こちら↓の大きな風船でいっぱいの部屋!

IMG_4500.jpg

写真で見て、これは絶対コドモ受けするに違いないと思って来てみたのですが、ビンゴでしたw
部屋に入って少し進むと、大人でもあっという間に埋もれて見えなくなってしまうので、風船の海にダイブしたがるむすこを必死に抱っこしていましたが、それでも大はしゃぎ!
週末の最終日ということもあって混んでいたので、この部屋での滞在時間は数分でしたが、それでも大人も子供も十分楽しめました。

他にはこんなシックな休憩スペースや、

IMG_4484.jpg

意味深?な白いグランドピアノが置かれた部屋もありました。

IMG_4515.jpg

写真にはありませんが、広ーい体育館のようなスペースでは映像を使った作品も。

…実際のところ、作品よりも、内装の素晴らしさに目を奪われてしまったわたし(^_^;
ティファニー創業者の息子、ルイス・カムフォート・ティファニー氏デザインのステンドグラス↓や、

IMG_4521.jpg 

照明や壁紙、柱、天井のデザインなど、豪華なだけではなくとても独特の雰囲気があり、一言で言ってしまえば、ものっそいオシャレ、なんです!!!インテリア屋さんで見るような照明のデザインの元ネタは、こういうところにあったのね。

ガイドブックなどにはあまり載っていない気がしますが、古くて新しいNYを感じられるとってもお勧めのスポットです。



保活記録#2 電話をかけまくる

2016.08.18 03:12|保活
保育園リストができたら、あとはひたすら上から順番に電話をかけていきます。

見学せずに電話だけで申し込める園はほとんどなく、だいたいどこも見学(+面接)を経ての正式申込となるようです。(※認可園は除く)

まずはこちらの状況を説明しつつ、感触を伺い、見学申込をしていくことになりますが…

この作業、ン年前の就活を思い出しました…!

別に特にプラスにならないかもしれないとわかっていても、やはり何らかの選考過程を経ることを考えると良い印象を与えておきたいと思ってしまうもので、電話ではひたすら下手に出てしまうわたし…(´∀`;)ゞ


見学は週に1回とか、月に数回と決められている園が多いようで、しかもお昼前の時間に集中しているので、短期間で一気に見て回るのは少し難しそうでした。
保活のための一時帰国は4週間ほどを予定していますが、果たして回りきれるかどうか…


保育園に電話をかけまくる一方、区役所の保育課にもとてもお世話になりました。

現在休職中というステータスのわたしですが、育休ではなく、「配偶者の海外赴任に帯同するための休職制度」を利用しています。
そのため、認可保育園の申込に必要な各種書類(育休明けが前提になっていることが多いので)の記入で迷う点が多く、区役所に直接電話してすべてご指導願いました(^_^; 30分以上の長電話でしたが、嫌な顔一つせず(少なくとも声色はw)付き合ってくださり本当に救われました。


見学申込がひと段落したら、あとは一時帰国を待つばかり。
日本に帰るのは楽しみだけれど、厳しい現実を目の当たりにするのは怖いなあ…(つω-`。)



保活記録#1 保育園リスト作り

2016.08.13 03:26|保活
海外赴任からの帰国を前提に保活を始めるにあたり、はじめに決めなければならない大方針があります。それは、

どこに住むか

ということ。

決められた社宅がある方、持ち家がある方、直前までどこ勤務かわからない方、色々いらっしゃると思います。

しかし認可保育園に申し込むためには、転入先の市区町村がわかっていなければ始まりません。

我が家の場合、海外赴任が決まる直前にマンションを購入していたため(家を買うと転勤が決まるジンクスが的中/(^o^)\)、まずそこに帰ることを考えました。

が、マンションのあるエリアは、ワーストとは言わないまでもそこそこの保育園激選区…(ちなみに都内です)。
しかも、0歳1歳ならまだしも、帰国時にはむすこは2歳…。募集があるかないか、という、ひっじょーに狭き門となります。認証・認可外でさえ、ウェイティングリスト30人待ちとか、ザラでした。

そこで、逆転の発想?で、

入れそうな保育園の近くに家を借りる

ことも考えてみたのですが、

保育園は帰国ギリギリにならないと決まらないことがほとんどな上、帰国してから家探し、引っ越し、復職、入園、などをこなせる自信がまったく湧かずw、結局、狭き門を覚悟で、購入したマンションのあるエリアに戻ることに決めました。

帰国から復職まで、ある程度時間的余裕のある方は、「保育園ありきで家探しをする」という手もおおいにアリだと思います。



さて、どこに住むか、という大方針が決まった後は、いよいよ保活の第一歩です。
すなわち、ひたすら保育園の情報収集&リスト作り

1)家から徒歩通園圏内
2)家から自転車通園圏内
3)電車で1−2駅
4)勤務先の駅近(幼児を連れて通勤電車なんて、かなり非現実的だけれど…)

という条件と、認可・認証・無認可の種別で色分けをし、だだーっとリスト化(byおっと)しました。

そうすると、否が応でも見えてくる、認可×徒歩圏内の園の少なさ…つーか、ほとんど、ない!w

でも1箇所だけ、理想の園があるのです。
家から徒歩3分の距離にある認可園で、海外赴任が決まる前、まだむすこの妊娠中に見学にも行ったところ。施設は古いけれどすごく雰囲気がよく、先生たちも信頼できそうな方ばかりでした。こんなところに預けられれば安心だな…と思っていたのですが、現実はそう甘くはなさそうです。その園の今年4月の募集実績を見たら、2歳児は…0人でした(´_ゝ`)

そして、せっかく駅徒歩5分のところに家があっても、他の保育園があるのは駅と逆方向だったり、はたまた隣駅の方がむしろ近かったり。

仮にどこかに入れたとしても、送迎やこの先に待ち受けている保育園生活のことを思うと、軽く目眩がするnekkoなのでありました…


つづく。

夏のお出かけ#2 スモーガスバーグ

2016.08.07 11:25|お出かけ・旅行
食べるのが大好きなわたしとしては絶対に見過ごすことのできないイベント、スモーガスバーグ!NYに来て1年半、ようやく来れました〜

ブルックリンの中でもとってもオシャレで、美味しいお店もたくさんあって、そして雰囲気のある街、ウィリアムズバーグ。そのウィリアムズバーグのイーストリバー沿いの広場で毎週土曜日に開催されている、食べ物の屋台ばかりが集まるイベントがスモーガスバーグです。

11時頃に広場に到着、すでに辺りにはあちこちからいい匂いが〜(* ´ ▽ ` *)
そして屋台の数の多さに圧倒されました…普段から優柔不断なわたしですが、それが食べ物のこととなるとなおさら。こんなに美味しそうなものばかり並べられて決められるわけがありません(逆ギレ)。

IMG_smorgas.jpg

ポルケッタ…ローストポークかな?
サンドイッチにして売っていました。おいしそ。
 
IMG_3675.jpg 

ここは…鴨肉ハンバーガーのお店だったかな?!おいしそ。

IMG_3712.jpg

あああアイス〜おいしそ〜

IMG_3676.jpg 

あちこち覗いて回って、我が家がゲットしたのは、こんな感じのサンドイッチと、

IMG_3677.jpg 

こちらの写真の下にあるビリヤニ丼!(ビリヤニの上に、フライドチキンとサラダがのってます)

どちらも美味しかったけど…
アメリカらしからぬ小ぶりなサイズ感と、B級グルメらしからぬ価格設定を考えると、うーん…と言う気がしないでもありませんでした(;´・ω・`)

でもでも、スモーガスバーグの何が素晴らしいって、食べ物もさることながらこのロケーション…

IMG_3697.jpg 

マンハッタンの景色をバックに、緑いっぱいの広場で食事ができるなんて、なんて贅沢。

IMG_3709.jpg

しかもお子ちゃまにはこんな素敵なプレイグラウンドまであります!

IMG_3710.jpg

↑背景に写っている色とりどりのテントが全てフードベンダーです。

12時をまわると、急に人が増えだし、食事を終えて出る頃には、屋台広場の中はちょっとしたラッシュ時の駅構内くらいの感じになっていました…
そして、人気のベンダーには長蛇の列。中でも目を引いたのが、ラーメンバーガーのベンダーの行列…!美味しい、のかなぁ?!

広場を後にして向かった先は、FREE HOLDという素敵なカフェ。ウィリアムズバーグ在住の先輩ご家族と待ち合わせてご一緒させていただきました!(アポなし訪問でごめんなさい!!)

IMG_3716.jpg 

IMG_3718.jpg 

可愛い雑貨屋さんや家具屋さん、服屋さんもたくさんあって、うろうろしてるだけであっという間に時間が過ぎてしまいました。

ウィリアムズバーグ。
もし、万が一、もう一度NYに住むことがあれば、ぜひ住んでみたい街ナンバーワンです。