11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Author:nekko
2015年1月から、生後4ヶ月の息子を連れて夫の駐在先のマンハッタンにやってきました。 いわゆる「駐妻」な日々の生活をゆるゆると綴ります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング

ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いいたしますm(_ _)m(ランキングサイトに飛びます) NY情報や駐妻さんたちの素敵なブログがたくさんあります! にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最後のサンクスギビング ローストターキー…じゃなくてチキン編

2016.12.01 11:21|日々の料理
さあパレードを見た後は、ディナーの仕込みです!
めんどくさそー、と思って去年はやる気がしませんでしたが、大きなオーブンが付いているキッチンで料理できるのは最後だし、と思いローストターキーに挑戦してみることにしました!

…が、やる気を出したのはサンクスギビング前日夕方w
ホールフーズにホールターキーを探しに行ったら時すでに遅し、予約のない人は買えませんでした(つД`)ノ その前日は山積みになっていたのにーぃ!

というわけで、仕方なく一番小さなホールチキン(2キロくらい)を買ってみたわけです。
もちろん、クランベリーも!

IMG_7184.jpg

まずはクランベリーソース作り。
お砂糖と水を入れて沸かしたお鍋にクランベリーを投入。我が家はさらにみかんの皮をすりおろして加えてみました。

IMG_7186.jpg

煮立ってくると、ぽんっぽんっと小気味良い音がしてクランベリーが弾けます!
混ぜていればはねる事はないので大丈夫。

さらに煮詰めると、あっという間にそれっぽくなってきます!

IMG_7187.jpg

好みの硬さになったところで味を見つつ、完成〜!
思いの外カンタンにできて拍子抜けでした。

IMG_7188.jpg

お砂糖をだいぶ控えたので結構酸っぱいですが、爽やかでヨーグルトにのせたりパンにのせても美味しそうです。

さてお次は今夜のメイン、チキン君…

パッケージを開けると、お腹の中から出てきたのは、レバーとネックが入った小袋…(゚д゚)
ハイ、以下、軽くグロ注意ですよーw


IMG_7190.jpg

レバーは細かく刻み、スタッフィングと一緒にして炒めました。
ちなみにスタッフィングにはお野菜(玉ねぎ・人参・セロリたっぷり)とワイルドライスにしました。
本当はパンやコーンブレッドを刻んだものを入れるようですが、鶏と野菜の出汁をたっぷり吸ったお米絶対美味しいだろー!と思い…

うーんすごい光景。

IMG_7193.jpg

開いているところを爪楊枝で縫うように止め、最後に足を縛ります。タコ紐がなかったので針金で…。

さて、ここでチキン君本体に味付けをしていないことに気がつき、慌ててオリーブオイルを塗りたくり、塩胡椒と、愛用しているトレジョのEveryday Seasoningをもみ込みました。

この作業、スタッフィングを詰める前にすべきなのは言わずもがなであります…

そして、オーブンの中へいってらっしゃーい!

IMG_7195.jpg

160℃くらいでアルミホイルをかけて1時間半、外して30分、最後にオーブンを高温かつBroil(直火焼き)モードにして焼き色がつくまで10分ほど、計2時間ちょっと焼きました。途中様子を見つつ、グリルパンに溜まった油?肉汁?をすくいチキン君にまわしかけます。

おかえり、チキン君!!

IMG_7196.jpg

もも肉のあたりに串を刺して、あふれてくる肉汁が透明になっていたら火が通っている証拠。
いい感じの焼き色になりました(*゚ェ゚*)

さてテーブルへ!

IMG_7197.jpg

たっぷりの蒸し野菜と、マッシュドポテト、コーンブレッドとともにいただきます!!

あ、こちら、お腹の中から取り出したスタッフィングです。

IMG_7199.jpg

狙い通り、味がしみしみで美味しいー!!

お肉は切り分けて、全部一皿に盛っていただくのが流儀らしい。
なんかおせちみたい。
やっぱりサンクスギビングは正月だ。

IMG_7201.jpg

グリルパンに残った肉汁でグレイビーソースも作りました。

見た目大雑把な割に結構手間のかかるお料理でしたが、その甲斐あってとっても美味しくいただけました!

時間をかけて焼いたチキン君のジューシーなこと…!

胸肉でさえしっとり柔らかくて、肉類をほとんど食べないむすこでさえ、

「おにちゅ、おにちゅ」

と言ってモリモリ食べてくれました。

甘酸っぱいクランベリーソースともよく合うし、赤ワインを効かせたグレイビーソースとマッシュドポテトとの組み合わせも抜群だし、うーん、侮りがたしアメリカ料理。

おっとと二人でひたすらがっつき、気がつけば2キロの塊は残り1/3くらいになっていました…(^_^;
さすがに食べすぎてお腹ぱんぱん。

残りもサンドイッチにしたりして、しばらく楽しめました。

惜しむらくは、このチキン君のお骨を、何も考えずに捨ててしまったこと…!
煮込んでスープにすべきでした…絶対美味しかったはずー!・゚・(つД`)・゚・ ごめんよチキン君…


改善点はいろいろありそうなので、クリスマスには今度こそターキーを焼いてみたい!


スポンサーサイト

最後のサンクスギビング パレード編

2016.11.30 03:52|日々の生活
珍しく雨降りが続くマンハッタン。
乾燥した空気が潤ってくれるのはいいですが、2歳男児を抱えるわたしには大問題です…

さて、先週はサンクスギビングでした!
おっとの会社も珍しく4連休。去年はセール以外はスルー気味でしたがw、今年はなんつっても最後のサンクスギビング!それらしいことをしなければ、ということで、MACY'Sのパレードを見にってみました。

と、その前に、

大きなバルーンが有名なこのパレードですが、前日にパレードの出発地点の近く、アッパーウエストの自然史博物館周辺でバルーンを膨らませるそうで、一般にもその様子を公開しているんです。

当日まで全然知らなかったのですが、お友達に声をかけてもらい、見に行ってました!

「バルーンを膨らませているところを間近で見れるらしいよ〜」
「へ〜自然史博物館のあたりなら芝生もあるし、子供達遊ばせながら見たらいいね〜」

などと、のほほんと構えていましたが…

現場に近づくにつれ増える人混み…う…これは嫌な予感が…!

IMG_7142.jpg

会場周辺はこの混雑!!

バルーンは自然史博物館の周囲のストリートに設置されているらしいのですが、近づくには長ーーーーーーーい行列に並ばなくてはいけません。

引き返そうにもいつの間にか行列に加わってしまっていて後戻りもできず、子供達をおやつでなだめながらなんとか並びました…30分は並んだかなぁ。

ようやくバルーン設置場所へ!

キティちゃんが飛行機乗ってるー、かわいい(*ノ∪`*)

IMG_7146.jpg

…ドナルドさん、怖いっす…

IMG_7148.jpg

そんなこんなで、4時ごろ家を出て、戻ってきたのは6時半。とっぷり日が暮れてしまいました。MACY'S、ナメてたぜ。



そして翌日はパレード本番!
テロ警戒情報などもあり、見に行くかどうか迷いましたが、出発地点近くをチラッと覗きに行こう!ということで朝8時半過ぎに家を出ました。(パレードはアッパーウエストの75丁目を9時にスタートします。)

72丁目の駅で地下鉄を降りると、すでにすごい人混みで、道が埋め尽くされていました。

少し北上して74丁目あたりから見ることに。

見えました、トーマス!

IMG_7165.jpg

ピカチュウ大人気!
大きな歓声が上がっていました。

IMG_7174.jpg

空飛ぶドナルドさん。
こっち向いて〜

IMG_7169.jpg

こんな感じで、バルーンが大きい&結構たかさがあるので、ある程度離れていても見えるのですが、バルーンとバルーンの合間のマーチングバンドやダンサーさんたちはほとんど見えません。

そこで…

写真右側、見えるでしょうか。
工事用の仮設小屋の屋根によじ登ってみる人たち…(この後注意されて降りてました)。
手前は、路駐していたトラックの荷台に座る人たち。
そしてちびっこはみんな肩車でしたね〜

IMG_7167.jpg

寒くなってきたし、だいたい雰囲気は楽しんだので、最後のサンタクロースは見届けずに家に帰りました。



IMG_7183.jpg

むすこにもこのお祭り的な雰囲気伝わったかしら?
風船を見上げて、わーー!と歓声をあげて喜んでいたのでよしとします(*^_^*)

家に帰ってCBSの中継でパレードの続きをダラダラ見つつ、日本のお正月のようなサンクスギビングの雰囲気を満喫したnekko家でした◎

楽しい美味しいランチ@Jones Farm

2016.11.21 12:19|お出かけ・旅行
秋のお出かけ強化月間第3弾!!
(ちなみに第1弾はApple Picking、第2弾はボートハウスでしたw)

先週末は、みんなが口を揃えてオススメというStorm King Art Centerに行ってきました!
途中寄ったファームがすごく素敵で、しかもランチのクオリティが素晴らしかったので記録しておきます。

Storm Kingのすぐ近くにあるJones Farm。

Google Mapを眺めていてたまたま見つけたのですが、口コミの評価がものすごく高かったので気になり、訪問に至りました。

DSC00953.jpg 

可愛らしいエントランス。

IMG_6817.jpg

中に入ると、とれたての野菜や果物を始め、沢山の種類のジャムやピクルスなどの瓶詰めが並んでいます。写真奥にはクッキーやパイなど焼き菓子のショーケースが、そしてさらにその奥がイートイン席になっていて、ここでフードメニューを注文できます。

IMG_6818.jpg 

おっとはチーズトースト、わたしはターキーBLTサンドを。

IMG_6820.jpg
↑自分のお弁当を食べつつも人の昼飯に手を伸ばしてくるお方が…

このサンドイッチが…!
ただのサンドイッチと侮るなかれ、とっても美味しかったのです!
パン?というかフォカッチャなのかな?それがパリッとふわっとしていてハーブがいい香り。ターキーハムもベーコンも、マヨベースのソースも完璧でした(* ´ ▽ ` *)
サイドのサラダも、とれたてシャキシャキで、ドレッシングもきちんとホームメイドっぽくて美味しかった!

これで確か10ドル前後、マンハッタン価格に慣れているととってもお得に感じますw

写真にはありませんが、追加で注文したスープも美味しかったです。
この日はビーフチリとバターナッツスカッシュのポタージュの2種で、ビーフチリをいただきました。
お豆さんたっぷりのほっこり味のスープで、むすこもぱくぱく。

11時半頃席に着き、食事が終わる頃には屋内のイートイン席(かなり狭め、小さいテーブル6台くらいかな…)はあっという間にいっぱい。春夏はテラス席も気持ちよさそうです!

地元の方っぽいお客さんもひっきりなしに来ていて、みんなドーナツやクッキー、パイなどを買っていました。こっちも美味しそうだったなー、サンドイッチとスープでお腹いっぱいだったのが悔やまれる。

ちなみに2階はおみやげ屋さんになっています。

IMG_6823.jpg

カントリーテイストの雑貨や石鹸、アクセサリーなどなど。

外にはニワトリさんが放し飼いにされていて、むすこは一生懸命追いかけていましたw

IMG_6839.jpg 

こんなに大きなブタくんも。

DSC00970.jpg

Stone Barnsや前回行ったLawrence Farm & Orchardsのように、ピッキングなどのアクティビティはないけれど、それでも高評価に納得の、とても素敵なファームでした!

Storm Kingに行く際に、ぜひぜひお勧めしたい立ち寄りスポットです〜


紅葉ピークのボートハウス@セントラルパークでブランチ

2016.11.18 00:00|お出かけ・旅行
秋も深まる今日この頃。

大好きなセントラルパークの紅葉も、少しピークを過ぎ、だんだんと落ち葉の方が多くなってきました。この景色ももう見納めか、と思うと少し寂しくて、散歩をしながらつい足を止めて写真を撮ってしまいます。

そんな中、かねてからずっと行きたいと思っていたボートハウスのレストランにブランチに行ってきました!

DSC00936.jpg

日曜日のお昼前の時間帯でしたが、この季節ということもあってかレストランは大にぎわい。
待つかなーと思いましたが、5分ほどですぐ通してもらえました。

大きな窓越しに紅葉した木々を映す池が見える絶好のロケーション。(夏はこの窓が全開になるそう。気持ちよさそう!)

おっとはフレンチトースト、わたしはキッシュをいただきました。

IMG_6688.jpg

…うん、お値段の割には、お味は普通かなw
でもこの雰囲気の中で食べるブランチは格別!…なのだろうな、人の食事を横から奪いにくる大食いチビモンスターさえいなければw(あ、ちなみにハイチェアあります!)


最初にサーブされるパンが、パウンドケーキのような、しっとりした甘ーいパンで、うっかりむすこに与えてしまったが最後、彼は最後までパン、パン、パーーン!!!と叫んでいました。よって、雰囲気を味わうどころではなく、そそくさと食べ終えて退散。


そして食事の後はボートに乗ってきました!

DSC00906.jpg

1時間15ドル(最初に35ドル払い、帰るときに20ドル返してもらうシステム)と、ちょっとお高めですが、一度は乗ってみる価値ありです…!
特に紅葉シーズンはオススメです!

DSC00928.jpg

SATCの映画の撮影があったのもここらしい?

ボートハウスのレストランには、室内のテーブル席以外にも、カフェ形式のテラス席もあり、こちらは比較的待たずに座れるようです。ローストビーフサンドが美味しいらしい。食べたい。

本格的に寒くなる前に、また来れるかな?!



保活記録#3 見学に行く

2016.11.15 03:40|保活
一時帰国の目的、保育園の見学。
保活の中でもメインイベントと言えるでしょうか。4週間の滞在で、10箇所見て回りました。

一時帰国中滞在していた実家は、帰国後に住む予定の場所から約1時間半ほど離れています。往復で3時間。むすこを実家に預けて行くことがほとんどだったので、何度も出かけずに済むよう、スケジューリングも重要になってきます。

午前中に1件、午後に1件、という感じで、1日2件くらいのペースで回りました。

午前中の見学は大抵園児たちの迎え入れが終わった朝イチ(9:30-10:00)の時間帯を指定されることが多く、慣れない通勤電車に1時間半揺られるのはなかなかキツイものがありました(^_^;

そして、見学と見学の間には区役所に話を聞きに行ったり、借家に出しているマンションの様子を見に行ったり、マンションから保育園までのルートを確認して歩いたり、食べログで美味しいランチができるところを探して至福のお一人様ランチをしたり…(っておい



見学に行く前は、本気で「入れればどこでもいい!」と思っていましたが、10件ほど無認可・認証・認可保育園をいろいろと見て回った後では…。
認可園(特に私立系)の充実ぶりはやはり群を抜いていて、マンションの一室のようなところに20人ほどの園児がひしめく無認可園(そのくせ高い保育料…)と比べてしまうと、「どこでもいい!」とはなかなか言い難い心境になってしまいました。

それでも、どこにも入れなければ退職するしかないことを考えて、無認可・認証園にはウェイティングリストに名前を残してきました。

と言っても、9月の終わり〜10月頭の段階ではすでにウェイティングリストは長〜くなっており、50人待ちなんてザラです(°_°)
見学申し込みが多すぎて、見学さえできないところもありました。やはりこのタイミングでの保活は出遅れた感があります…。



やはり厳しかった現実を前に打ち拉がれていたわたしですが、見学の合間に訪れた区役所で一筋の光明が!

なんと、自宅マンションの裏に新設の認可保育園ができる予定があるというのです。

既設の保育園では、むすこが入る予定の2歳クラスの募集は、1人か、多くても2人程度。それが新設の場合、クラスの定員丸ごと募集になるので、10名前後の募集がかかるわけです!わっしょい!

ただ、昨年度の募集/応募実績を見てみると、やはり新設園は応募が殺到するので、倍率的には他のところとそう変わらない、もしくはより厳しいのかもしれません…
それでも、電車で二駅くらいの範囲ならば自転車で通おうと腹を括っているわたしからすれば、徒歩圏内に選択肢が増えるのはとてもラッキーに思えました。



保育園の見学と並行して、「保育ママ」さんの訪問にも行ってきました。
自宅の一部を保育室とし、3人の園児を受け入れています。お弁当を持参しなければならないところがネックですが、家庭的な雰囲気で、少人数だからこそ一人一人をきちんと見てくださる印象で、とても好感が持てました。



ちなみに、区役所では申し込みの手順の確認や、書類の書き方を聞きに行きました。
海外在住の場合や、育休以外の休職明けの場合、通常とは違う記載が必要になってくるとのことで、窓口でみっちり1時間ほど相談させてもらってきましたが、窓口の方の対応が素晴らしく丁寧でわかりやすく、感激しました(つω-`。)
我が家のように、海外赴任戻りで申し込む方は毎年結構いらっしゃるようで、隣の窓口に来ていらっしゃる方も同じように一時帰国中のようでした。



保育園の見学の他には、実家近くの幼稚園や保育園の運動会を覗きに行ったり、園庭開放に行ったりしていました。幼稚園は一昔前に比べるとかなり園児が減っているらしく、未入園児に対するおもてなしがすごくてびっくりw 
運動会の未入園児の競技(というか、20メートルくらい手をつないで走るだけ)に参加しただけで、折り紙セットや絵本をもらい、園庭開放では2−3時間たっぷりお兄ちゃんお姉ちゃんに遊んでもらった上、お教室でお茶までご馳走に。


↓かつてわたしが通っていた幼稚園の園庭で遊ぶむすこ
IMG_6160.jpg 

↓園庭に遊びに来ていた子たちとお茶タイム
IMG_6167.jpg


さてさて、認可園の申し込みが間も無く始まります。

申し込み用紙に記入したり、会社から書類を取り寄せたり、ドキドキしながら準備を進めている我が家ですが、泣いても笑っても迫り来る帰国日、そして復職のデッドライン…

願わくば、家族みんなが納得して4年間楽しく通えるトコロとご縁がありますように!